黄斑変性症と白内障

 

黄斑変性症の原因となっていることはいくつもあります。
その中でも、白内障というのは特に大きな原因となっているのです。

 

これは、白内障になると黄斑部が紫外線の影響を受けやすくなってしまうからです。
通常の透明な水晶体というのは、有害な紫外線を吸収するうえで重要な働きをしています。
そのため、網膜に届いている紫外線量を抑える、という効果を期待することができるのです。

 

しかし、白内障によって透明なはずの水晶体が濁ってしまうと、網膜というのは少しでも光を得ようとします。
そして光に対して異常に敏感な状態になってしまうのです。

 

そうなると、少しの紫外線であっても、酸化変性を起こしてしまうことはあるのです。
白内障の手術を受けることによって、人工の眼内レンズに入れ替えている方というのは注意が必要になります。

 

眼内レンズと呼ばれるのは本来の水晶体とは違い、十分に紫外線を吸収することができなくなるのです。
そのため、たくさんの紫外線が網膜にどんどん吸収されるようになってしまうのです。

 

眼科医療が発達したことで、紫外線を吸収することができるものへと変化させることができるようになるのです。
しかし、それでも危険であるという意識はしっかりと持っておくようにしなければなりませんよ。

 

そうすればより黄斑変性症を予防することができるようになりますよ。

更新履歴